テープ起こしの仕事内容とは|料金の計算方法

テープ起こしを依頼する

婦人

テープ起こしというサービスが企業や会社に向けて注目を集めています。もともとは速記からはじまった仕事と言われており、インターネットなどが普及される前から、在宅で行っていた職種です。現在も仕事内容はあまり変わらず、会議や講演会などで録音した音声を聞きながら文字として原稿に残すことがテープ起こしの仕事内容となっています。テープ起こしのサービスを依頼することで、実際に会議中に話されていた重要な内容などを文字として記録に残せるのが魅力的です。また、プロが記録をまとめてくれるので、要点などとても分かりやすい内容にしてくれます。そんなテープ起こしのサービスですが、料金などを詳しく見てみましょう。
業者によって料金の違いはありますが、テープ起こしの大体の相場は1万5000円~2万円前後はあるでしょう。ほとんどの業者は録音時間数によって料金を計算しています。テープ起こしだとこの方法が一番分かりやすくシンプルな計算方法と言わるでしょう。また、録音時間で料金が決まる業者とは違って、話の文字数、または起こした文字数でテープ起こしの料金を計算する業者も存在します。こちらの場合ですと、録音時間を気にすることなくテープ起こしを依頼することが出来るのでお手軽です。場合によっては、ケバ取りや要約、素起こしをお願いすることも出来ます。テープ起こしのサービスを依頼するにあたって、上の2つの方法で料金を支払います。テープ起こしの内容によって、料金なども確認しつつ依頼すると良いでしょう。

良質なサービス会社を探す

目覚ましい発展を遂げた中国は、今や世界にとても影響力を持った市場へと成長しました。日本との結びつきも強く、色々な形でビジネスが営まれています。近年で話題になった「爆買い」といった商機を逃さないために、品質の良い翻訳サービスを考えておきたいものです。

海外とのやり取りに必須

自社ではできない翻訳などを代行できるサービスを提供している会社は多く、グローバル社会がメジャーになっていることもあり幅広い言語を扱っている翻訳サービスも増えてきています。納期などは余裕を持って発注することが大切です。

技術翻訳サービスの質

難しい取り扱い説明書やマニュアル、仕様書などの翻訳を行ってくれるのが技術翻訳サービスです。料金や納期、アフターサービスなどのサポート体制が整っており、翻訳の品質も落とすことなく依頼を行ないます。